在宅ライターは小説よりも奇なり(とあるライターのブログ)

無職から始めた在宅ライターが小説で食うまでの記録とノウハウ。(フリーランスのライター←今ココ)

【未来予測】今後必要になってくるライターの立ち回りとは?

f:id:writeislife:20170610012542j:plain

こんばんは。

今日も目標の売上には達していませんが、いけしゃあしゃあとブログ更新です。

 

さて、ライター歴ぎり二カ月に達していないほぼ無職が、大胆予言です。

予言と聞くと、ノストラダムスが大外しした記憶しかないんですが、この記事もこっそり削除して、なかったことにされなければいいんですがね。

 

ライティング初心者な「専門家」が参入してくる

 

では本題。

ランサーズのこちらの記事を読んだときにピンときました。

www.lancers.jp

この記事自体は10日ほど前なんですが、気になってたので書いてしまいます。

 

ざっくり内容を言っちゃうと

・ランサーズで副業してる人の3割が正社員のサラリーマンだったよ

・アンケート回答者の半数が勤めている(なんらかの雇用形態で)企業は副業OK

・直近1年間で副業を始めた人が3割以上!

・副業を本業にしたい人は3割程度

 

です!

なんかやたらめったら3という数字がでてきますが。

 

以上のポイントでなにか気になった点はありましたか?

 

思ったより副業を認めている会社って多いんだなと思いましたね。

そして副業を始めている人が増えている!ことも気にかかりました。

 

で、ライターを名乗っている人間としてはうかうかしていられないなと思ったわけです。

 

なぜなら。

 

本業がありながら副業を始める人は、本職の専門分野を活かした記事を書けるからです。

これは副業する人にとっては大きな強みです。ライターが本職に勝てるわけありませんからね。

専門性の高さは比ぶべくもないでしょう。

とくに専門資格をもつかたは、一部の記事を独占できるのではないでしょうか。

 

これから副業をしている人はどんどん増えるでしょうし、副業を許可する企業もおそらく増えます。

フリーランスという働き方ももっと顕在化してくるはずです。

 

ライター人口の増加は競合の増加ですし、専門家が増えることは高単価の案件の奪い合いを意味します。下手すれば独占です。

高単価案件はライターが生計を立てていくためには必須だと考えるので、そこの奪い合いは大変な事態です。

 

だから逆に、副業でライティングをされるかたはどんどん専門的な高単価の案件に応募しましょう。

あなたの強みを遺憾なく発揮すべきです。

 

僕みたいなライターがどうすべきかといったら、一択です。

はやく専門的な分野を増やすことです。

できるだけ単価の高い案件で、一つでも多岐の分野にわたって。

 

好きな方法で生きてるんですから、楽してはいけません。

楽あれば苦あり、苦あれば楽ありです。

後者をおすすめしますが、あなたはどうしますか?

 

今日の売上

野球記事×2 1000円 1115字

不動産投資記事半分 1750円 1114字

計 2750円 2229字 

クラウドワークス・ランサーズ初心者はだらだら案件探すの禁止!

f:id:writeislife:20170608204446j:plain

ライター専業で活動を始めてからあと1週間ほどで、2月が経ちます。

このところは1文字1円以上の案件にしぼって応募し、なんだかんだ取れています。

 

やってみた感想ですが、1文字1円の案件なら誰でもライティングは可能、だと感じます。

だれかに向けて文章を書いたことがここ数年ありません、という人でなければ問題ないでしょう。

レベルとしては、「きちんと調べて自分の言葉で書ける!」

程度です。単価1円だと。

レベル5ぐらいですかね。MAX99として。

 

クラウドワークス」「ランサーズ」でのライターの始め方

 

ライティングに自信がない人は単価0.5円以上ぐらいの興味ある案件にちゃちゃっと応募して書いてみましょう。

書いていくうちに文章は上手くなりますし、書かなければ向上しません

 

応募なんて、、そんな時間もかけたくない人はタスクで探せばいくらでもあるので、そちらをどうぞ。タスクなら即書き始められます。

ただし、タスクは単価がほんとに低いので、その点は覚悟してください、、、

まあ、プロジェクトでも0.1円とかざらにありますけどね。内職とかよくわからないですけど、0.1円とかもはや違法労働かと。

 

で、いつ1文字1円の仕事に切り替えるかというと。

読み返して詰まることなく読める文章が書けたと思ったら、1文字1円案件にGOしましょう。

 

その際に、マイページにある「オススメ」や、案件にアクセスして下のほうまでスクロールするとある「新着」や「関連する仕事」なんかは無視です。

一切見なくていいです。というか、もし見てたなら今日かぎりでやめましょう。

奇跡的にいいお仕事があのせまい欄内にあるかもしれませんが、基本ないです。時間の無駄です。

 

そんなところを見る間には、下で紹介する検索法でバーッと気になる単価の仕事を見つけましょう。見つけられる案件の数が違います。

 

 「クラウドワークス」「ランサーズ」別、案件の探し方

 

案件探しは「クラウドワークス」の場合

①「仕事を探す」をクリックします。

f:id:writeislife:20170608211610p:plain

 

②「必要なスキル」の「コンテンツ・ライティング」をクリックします。

f:id:writeislife:20170608212012p:plain

 

③プロジェクトの「固定報酬制」に☑を入れ「絞り込む」をクリックします。

f:id:writeislife:20170608212143p:plain

 

④コンテンツ・ライティング(固定報酬制)となっていますね。

f:id:writeislife:20170608212341p:plain

あとは、下にスクロールしながら、単価1円の案件で気になるものをチェックしましょう。

書きたい分野が決まっているなら、検索窓にそのワードで検索すればOKです。

 

「ランサーズ」の場合

 

①「ライティング」をクリックします。

f:id:writeislife:20170608214238p:plain

 

②「方式指定」の「プロジェクトのみ」に☑し、「以上の条件で再検索」をクリックします。

f:id:writeislife:20170608214310p:plain

 

③下のような画面になれば、あとはスクロールしながら案件を探します。

f:id:writeislife:20170608214353p:plain

 

タスクで稼ぐのはライティングスキルがついてからのほうが効率的です。

稼ぎたければ、さっさとプロジェクトを受注しましょう。

 

そして、今日の売上。

野球記事×2 1000円 1235字

不動産投資 1600円 1964字

 

目標に全然届いてないけど我慢です。

質を上げるよう努めれば、いつかスピードと専門性もついてくるはず。

 

以上、レベル5のライターが執筆しました!

お金が理由で人生の一瞬を失いたくない

f:id:writeislife:20170606220202j:plain

TUTAYAの帰り道、八百屋さんに寄って帰りたかったので少し違うルートから帰宅しました。その通りの道路越し反対の歩道沿いにすき家松屋がありまして、その二階に「ジャズクラブ」の文字がでかでかと掲げられたお店を発見。本当はローマ字で書かれてましたけど。

 

そのジャズクラブのガラス張りの壁には無人のドラムセットが置かれていました。今日みたいななんでもない平日はあまり客足もつかないのかな、なんて思いながらジャズクラブを横目に歩を進めます。いつもならまちがいなくそれだけで終わるのですが、今日は少し違いました。

 

そのジャズクラブに行ってみたいなと、ふと思ったのです。といってもジャズが特別好きなわけではありません。そもそもジャズなんて自分から聴いたこともありません。店内のBGMで耳にしたことがあるのかなぐらいの。むしろこれがジャズってやつで合ってるよね?ぐらいのジャズ素人です。そんなジャズ素人がなぜ、おしゃれそうな一見さんお断りかもしれないジャズクラブに興味をもったのでしょうか、、?

 

はっきりいってその答えは自分でもわかりません。ただ、行ってみたいと思いました。そこに流れる音楽を聴きながらお酒でも飲んでみたいと思ってしまったのです。

 

死ぬときに手元にあって嬉しいのは金か?生き様か?

 

ここで、唯一自分のなかではっきりしていることがありました。それはお金が理由でやりたいことをあきらめたくないな、ということです。

 

もともと生粋の節約家で、手取り15万でも月に5万は貯金していた私。主に食費と消費活動を削ることで目標額を達成していたのです。なので、目標があれば節約はわりと苦でなく通帳を見てにやにやしているときもありました。

 

そんな自分ですが、距離にして10m近く離れた、大手牛丼チェーンの2階にあるジャズクラブになにかしらショックを与えられたのです。

 

興味を抱いたものに対して「”お金なんかが理由”であきらめていいのか?」と誰かにささやかれた気がしました。人生は行動の連続で作られます。何万ページもの行動の蓄積が人生だとしても、そのうちのたった1ページをないがしろにしていいのかと思ったのです。その1ページが色鮮やかで輝いているかもしれないじゃないかと。逆に真っ黒に汚れた1ページでも思わずそのページが気になって開いてしまうでしょう。

 

経験せずに終わらせるなんてもったいないと、そんな風に感じたのです。

 

それはライターとしてその日暮らしのお金しか稼げていない、今の我慢の連続の生活からくるストレスが気づかぬうちに蓄積していた反動なのかもしれません。でも素直にやりたいと思ったことは我慢せずにやること、これは後悔しない自分の人生を歩むには必要なことなのでしょう。

 

それに気づかせてくれたジャズクラブに行ってみようと思います。

 

そして、そのジャズクラブに目を向けさせてくれた大手牛丼チェーンに感謝を捧げます。

うまくいかない瞬間こそ成長のタイミング

f:id:writeislife:20170606014643j:plain

むはー。

うまくいかなーい。

今日はいつもどおり野球記事を2つ書いて、不動産投資の記事を2つ仕上げようとしました。

7時にまずはちゃんと起きて、8時ごろまで不動産投資の難しいほうの記事を調査。

しかし、その1つがまったく無知な分野なので、いろいろ調べて後回しにしようと判断。

 

そんな折、一つしかない机を彼女が出社の支度に使うので明け渡します。

9時前に見送って、と言っても玄関でばいばいするだけですが。机に返り咲きます。

 

野球記事の納期はお昼過ぎなので、会社勤めのかたがランチに出るぐらいには終わらせます。書き終わったのがちょうど12時ぐらい。

そこからなにをしていたのか記憶がありません。

 

まあ、ちゃんとしていなかったのでしょう。とはいっても欲に負けて遊んでいたわけではなく、ただダラダラとパソコンと向き合っていたのでしょうね。

むしろ同じように進まないなら、遊んでいたほうがまだましです。

 

無理に禁欲しちゃってると毎日執筆してるストレスが溜まるいっぽうですからね。

ちょっと意識高く縛りすぎちゃってるのはあるかもしれません。

 

あとは、つけっぱなしにしていたテレビが邪魔だったかも、昼食時以外見てなかったと思うんですけどねえ、、

もう一つの書けそうな不動産投資記事を調べて、執筆に必要な情報を集めるも手は進みません。

ワードに情報を書き連ね、タイトルと見出しを作成。あとはアクセルを踏むだけなんですけど、手はやっぱり進みません。

 

こりゃだめだ。そんなこんなで日付は変わって、どうして書けないんだと悩む感じ。

悩んでる間に書けよって声が聞こえてきそうですが、本当にそのとおり。

 

うまくいかないのはやり方が間違っているから

 

でも、うまくいかないのはやり方が悪いからだと思うんです。

 

やる気に任せてモチベーションを維持するなんてやり方は、誰にでもできるものじゃないでしょうし、続かないはず。

 

続けるには良い仕組みが必要なんです。どうしよう。。

 

躓いているときこそが成長しているときだと考えるので、ここを乗り越えて安定してお金を稼ぎたいものです。

 

先は見えないけど、遠くはないはず。

 

今日の売上

野球記事×2 1000円 1371字

以上

今日の売上&文字数 2600円&3592字

あーーーここ2、3日だれています。

確実にだれてしまっています。原因は「やる気」とかいうなんのバロメーターにもならないゴミみたいな気分に振り回されているからです。

 

どうにかしたいなと思いまして、Todoistというタスク管理のツールを今日から使い初めてみたのですが、効果はなしでした。

いえ、正しくは少しよくなりそうでした。

 

まず朝一でその日にやる仕事をピックアップするんですね。仕事以外も例えば、買い物でなに買うかとか、1973年のピンボール読むとかその日にしたい個人の予定も全部ばーっと洗い出せちゃうんで、頭がスッキリするし漏れがなくなりますね。その点はグッド。

 

で、問題の今日の稼ぎは

現時点で

 

・野球ニュース 500円×2 1597字

・不動産投資記事 1600円 1995字

 

計 2600円 3592字

日に5000円稼いで、10000字いきたいのでこれでは全然駄目です。

この記事の文字数足してもおそらく4500字程度でしょうね。

 

クラウドワークス」と「ランサーズ」

 

記事の執筆は現在「クラウドワークス」と「ランサーズ」を使っていて、ほぼクラウドワークスで仕事を受注しています。

 

これはどちらがよかったとかはとくになかったんですが、タスクである程度慣れてからプロジェクトを実践したかったので、タスクの手数料が無料のクラウドワークス主体で始めたわけです。

 

といっても↓のとおり、

「クラウドワークス」におけるタスク形式案件手数料無料化の一時停止のお知らせ

※6/1からタスクにも20%の手数料が現在かかります。 一時的なもののようですが、いつまで停止するかは明記されていません。

 

ですので、今から始めるならどちらでもいいかと思いますね。ただ、よくクラウドソーシングで稼いでいるフリーランスのかたは「ランサーズで稼いでいます」的な人を多く見かける気がします。

 

同じ手数料ですが、なにか大きな違いでもあるのでしょうかね。使ってみた感じランサーズのほうがわかりやすい気もしますが、クラウドワークスで慣れてしまっているのでクラウドワークスに不満はありません。

 

メッセージなんかはクラウドワークスのほうが好きですね。タイムライン形式でランサーズのほうが見やすいというかたも多そうですが。

 

とりあえず継続依頼をもらっている野球記事二つと不動産投資記事を二つ、これで4200円いくのであともう1本書いて1000円ゲットして、なんとか月15万達成したいですね。

 

そのためにもまずは1日5000円をコンスタントに稼げるようにならねば。。

 

ということで、7時起き→二度寝→朝8時起きから7時起きに切り替えます。

稼ぎたければ時間の使い方を変えるべし!

「10000時間の法則」ならぬ『20,000,000文字の法則』

二日目にして更新を忘れる三日坊主もびっくりのスピード感。

 

さて今日は、「ライターから小説家に転身するために必要なスキルアップ」と「生きていくための生活費の捻出」を同時に達成する、このブログ必須のテーマ、あえて分かりにくく言えば至上命題についてです。

 

ライターから小説家は可能か?

 

現在ぼくは「クラウドワークス」と「ランサーズ」というクラウドソーシングのサイトに登録して、記事の執筆をしてお金を稼いでいます。

クラウドソーシングはライターにかぎらずいろんなお仕事がありまして、クラウドソーシングを本業に食べている人はごまんといます。

そして今注目の副業としても脚光を浴びていますよね。

 

そんなクラウドソーシングを利用して生計を立てながら、ゆくゆくは小説家として飯を食っていけるようにシフトしていく!

これが甘ったるいわたくしの夢でございます。

夢なんてみてても叶うわけがございませんので、どう日々を生きて目標に近づくかが大切でございます。

 

一万時間ならぬ二千万文字の法則

 

そこで某が実践するのが文字数換算です。

巷で有名な「10000時間の法則」または「一万時間の法則」なんてものがウソか真か存在しますが、そもそも何日なのだと。

10,000÷8(仮の一日の労働時間)=1,250日です。

1,250÷365=3.4年

つまり、3年と4カ月があればその道のプロになれるそうです。

 

しかし、必ずしもこれは正しいとは言い切れません。

だって3年4カ月続ければ、誰でも比類なきプロになれるのなら世界は「プロフェッショナル~仕事の流儀~」だらけです。

「10000時間の法則」はあくまで、”通過点”だとわたしは思うわけです。

この通過点を通り抜けながらひたすら走り続けたものが、その先にある目標を達成しているのでしょう。

 

そしてライターの仕事において、時給で働きを換算するのは間違っていると考える小生は、文字数でその歩みを測っていきたいのです。

 

即興小説トレーニングというサイトで時間あたりの執筆文字数を数えた際に、500文字を15分、1000文字を30分で書くことの大変さを思い知りました。

(余談ですが上記のサイトでは、これらの制限時間の中で執筆に追われることができます。※もちろん計らずに書くこともできる)

 

 そこで、実際に記事を書いた文字数でその日の成果を評価します。

そのほうが時給なんて、内容の見えてこないわかりにくい指標を避けられます。

収入は単価(1文字1円とか)によって大きく変動するので、文字数でも正確には計れませんけどね。

でも自分の場合はお金が最終的な目標ではないので、気にしません。

 

で、肝心の文字数の目標ですが、10000時間を文字数に換算する場合、30分1000文字がまずは目標です。

つまり1時間2000文字。

2000文字×10000時間=20,000,000文字

二千万文字です。やべー。

 

10%で二百万文字です。1000%で2億文字です。

ということでまずは二千万文字を目標に日々精進していきます。

しばし手前にお付き合いいただければ、さいわいです。

 

はて、ここまで何人の一人称が出たでしょうか?

「小説家」になるためにブログを始めるという行為は”真”か?

一発目の記事というのは、はたしてなにを書くのか緊張してしまうので、あまり精神的によくないなと思っている、そんな今現在。

 

誰も見ていないブログの記事はさっさと書き終えて、いただいているライターの仕事をしなければいけません。

 

本題に突進する前にもう一つ、本題よりも大切かもしれない話。

ブログを書き始めた目的は以下、3つです。今考えました。

 

・小説家になると言っている輩が本当になれるのかを実験的に公開する

 

・ライターとしての活動や日々のアウトプットを記録し糧にする

 

・ブログ=個人資産を作る

 

これがいわゆるコンセプトになりますね。

どれも自分にとっては大切な項目。

それぞれの話はいずれ更新するとして、以下本題。

 

「小説家になるためにブログを始めるという行為は”真”か?」

 

いろいろな観点から話はできそうですが、パッとおもいつくのはこのあたり。

・ネット上で書いた小説が書籍化

・小説とはかぎらないが、ネームバリューが出てなにか執筆依頼の話につながる

・話題作り

・ブログに文字を書くことで小説のトレーニングになる

 

上から2、3番目はほぼ同じかもですね。

1が小説書きたいなら一番メジャーかつ大成功パターン。

 

2は規模感を考えなければ、わりとあり得る話かと。書籍とかネットとかを問わずそもそもジャンルも関係なしに、執筆の依頼がくるだけなら現実的にはありそう。

 

3はブログでバズる記事を書いたら引用されて知名度が上がるとかだけど、そもそもどこかの界隈である程度の知名度がないとだめですね。

 

4は小説を書くとは別物だけど、執筆スピードを上げるというよりは「落とさない」部分で少し役立つかなー、、?ぐらい。

 

そもそも理系科目が苦手だから文系に進級した自分が真とか偽とか、わけわかめなんですね。

だれか真を教えてください。

ということでブログを続けてよかったのか、なにが得られたのかは続けてからのお楽しみ。だめ?こんなんじゃ。