在宅ライターは小説よりも奇なり(とあるライターのブログ)

無職から始めた在宅ライターが小説で食うまでの記録とノウハウ。(フリーランスのライター←今ココ)

ブロガー必見!書きたいネタが浮かんだら、今すぐ「記事を書く」を押しなさい

f:id:writeislife:20170610130234j:plain

上から目線な命令口調で恐悦至極の至りですが、ブログを書くときにおすすめしたい方法を思いついたので、書きます。

 

ブログ更新までの工数を減らす工夫

 

「簡単スリーステップです!」どこぞのニキビケア用品みたい。

 

①まず書きたいネタや内容が思い浮かんだら、その瞬間にブログを起動!

②「記事を書く」なり記事作成ボタンをクリックしましょう。

③そして、記事タイトルに思いついたネタを書く。

 

以上。

思いついた段階で、うまいタイトルまで考えなくて結構。

何について書くかが、タイトルを見て自分の中で明確に思い起こせればそれでよし。

 

いままで、ネタが思いつくたびにワードに書いたり、Evernoteに記したり、Google Keepにメモしたりしていましたが(統一感皆無)、もう思いついたその瞬間に記事に落とし込むのが最強だと気付きました。

 

メモしたところでたまったネタたちはなかなか日の目を浴びることはありません。

それどころかネタが腐りきって保管場所を見ることすらイヤになるかもしれません。

でも下書きにしておけば、さらにタイトルまで書き込んであれば、筆も自ずと進むものです。

書こうと思ってブログを開いたらもうすでにスタート位置についていて、「さあ、どれにしよう?」と選ぶだけなのです。

ブログ開いて何書こうと想像する作業とは今日かぎりでおさらばです。グッバイ。

 

やりたいことは身近に、やりたくないことは遠ざける

 

これって要するに、スタート地点にたどり着くまでを容易にしてやることで、書きやすくするんですね。

これも偉そうに書けば、「仕組み化」の一つだと思います。

手をつけたい、もしくはやらなければならない仕事こそ導線をシンプルかつスムーズにしてやるべきです。

工程が少なくて済む工夫が大事でしょう。

 

逆にやりたくないことは遠回りするようにしてしまえば、なかなかやらずにすみます。

でもそれってなんなんだ?笑

ほっとくと、すぐやってしまう悪いクセとかですかね。

僕の場合、すぐ楽したくなる、ゲームとか遊びたくなる人間なんで、目につかないとこにゲーム機やソフトをしまうとかがいいかもしれませんね。

 

ところで、この記事は思いついた瞬間にタイトルと概要だけブログに下書きしたのですが、筆が止まらず(ほんとは手)ここまで書いてしまいました。

やっぱり「鉄は熱いうちに打て」というか、その物事のピークでやってしまうのは大切かもしれませんね。

 

ということで、キリもいいしお昼にしまーす。

午後もがんばりましょう!ふぁいと!